This Category : ペット

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.07 *Tue

手術に立ち会う(前編)

今年の初めに、モモの右目から涙がじわ~っと出て、
目頭~ほっぺたの毛が濡れてしまったため、
動物病院で目薬を処方してもらった・・・
という記事を書きましたが(→コチラ)、
それが再発してしまいました。。

ひとまず同じ目薬で経過を見たのですが、今回はあまり効き目がないようです。。

動物病院M先生によると、ウサギには多い症状だそうです。
でも、原因は良く分からないんですって。

目薬が効かないということは、涙管が詰まっている可能性が高いため、
全身麻酔をして、目から鼻にかけて生理食塩水をビュッと流して詰まりを解消する、
という治療法が候補となるそうです。

しかしながら、これをやっても必ず治るとは限らないし、
麻酔のリスクはゼロではない(ほとんど心配ないが)、とのこと。

M先生からは、
涙管が詰まっていても命に関わることはなく、
目頭が濡れているという見た目以外は、なんら健常な子と変わりないので、
このままでも構わないと思いますが・・・
と言われたのですが、

なんか本人は気持ち悪そうだし、
これからの季節、カビとか心配だよね・・・
ということで、治療をお願いすることにしました。

2週間ほど前から予約をし、先月末の日曜日に手術することになりました。
なるほど、動物病院のお昼の休憩時間には、こういう処置をやっていたのですね。
先生は休むヒマもないですね。。。


一方、かねてから、これ以外にも懸案事項がありました。
モモは抱っこが嫌いなので、背側のブラッシングはできるけど、腹側のケアが全くできていないのです。
加えて(というか、これが元凶なのですが)、夜中に軟便をすることが多く、
これが尻尾や足の裏、お腹の毛に付いてしまうことがあって、
そのまま固まってしまって取れないのです。
(ちなみにウサちゃんはシャンプー厳禁です。)

そこで、せっかくの貴重な機会なので、
治療後のまだ麻酔が効いている間に、なんとか体の汚れを取らせてもらえないだろうか・・・
ということを、M先生にお願いしてみました。

すると!!
なんか、流れで、そのまま治療に立ち合わせていただけることに!!!

(当初は「処置が終わったら呼んでもらう」って感じだったのですが、
麻酔をするときに「自分で抱っこしますか?」と言われて、
「ハイ」って言ったら、普通に手術室に入ることになった。)

いや、普通ないですよ、立会いなんて。
もちろん、お腹開けるとかいうわけではないので、シビア度は低いですけど、
それでも医者としては、飼い主の立会いってプレッシャーかかるし嫌だと思うんですよね。
普段から、検査・治療・料金等の説明を聞くたびに、この病院は透明性高いわ、と思っていましたが、
まさかここまでとは・・・。びっくりしました。


というわけで、超!貴重体験レポートをお届けします。
・・・が、長くなっちゃったので、本編は次回!
スポンサーサイト
CATEGORY : ペット

2011.03.25 *Fri

ぱんぽん&モモ近況

うちの2羽の、地震後これまでの様子。

11日に地震が起きた時、ちょうど2羽と私は同じ部屋にいました。
揺れが短かったら、みんなそれほど気にしなかったと思うのですが、
とにかくすごく長かったので、まず私が慌て始めて、
しだいに2羽もざわざわし始めて、
ピーク時は、ぱんぽんは叫び、モモはケージの中を跳ね回りました。
2羽に向かって「大丈夫だよ~」と何度も言いましたが、
言った私の声がふるえてました。。

ぱんぽんは、ちょうど前日に3個目の卵を産み終えたところで、
地震前後も基本的に卵を温めていました。
この時期は、ぱんぽんはあまり鳴かず、すごく大人しいです。

ですが、卵をそのまま抱かせるのは良くないらしいので、
地震の2日後ぐらいに、いつものとおり卵を取りました。

すると・・・、
次の日から、なんだかぱんぽんの様子がおかしいのです。
うるさくなった、というのは通常通りなのですが、鳴き方がいつもより悲痛な感じ。

外に出たいのかな?と思い、ケージから出すと、
なんということでしょう!
いつも噛み噛み君のぱんぽんが、手に体をこすり付けてくるではありませんか。
もちろんお約束の甘噛み(といっても少し痛い)つきですが、本気噛みが、ほぼゼロです。

水浴び後ならともかく、ケージから出していきなり体中でスキンシップを求めてくる、
しかも自ら手の中に入ってくる・・・というのは、成鳥になってからは初めてです。
よっぽど不安だったんですね。
余震の時も、少し緊張しているようです。
卵を抱いていた時は母親の心境だったところ、卵が無くなって孤独を覚えたのかもしれません。

それから1週間ぐらいは、毎日夕方に30分程度ぱんぽんと遊びました。
その成果もあってか最近は落ち着いてきており、表情が柔らかく、ご機嫌な様子で一人さえずったりオモチャで遊んだり、ということも増えてきました。

動物も、怖い体験をすると心の傷になるようです。
飼い主さんのケアが大事ですね。

ちなみに・・・
モモは、地震発生時こそ動揺していたものの、その後まったく様子は変わらず。
むしろ、食欲が増えているような気さえします。
好意的な解釈をすれば、危険に備えて食べられる時に食べているということなのでしょうか。。
「ウサちゃんはデリケート」説はどこに行ったのか??
(少なくとも、ペットホテルに泊まった時は食欲が落ちていました)

意外な一面を見た気分です。
CATEGORY : ペット

2011.02.28 *Mon

モモと離乳食

前回のつづき。

動物病院M先生より

①1日2回の投薬を継続
②プラス、リンゴのすりおろしを無理やり与える。食べる限り、できるだけたくさん。
これで食欲が戻るか様子見、

との指示があり、薬と一緒に、でっかい注射器を処方されました。
普通にすりおろしたリンゴだと繊維が多くて注射器が詰まってしまうため、
代わりにと勧められたのがコレ。

rinyu20110228

そう、離乳食です~

これだと、きっちり裏ごししてあって、手間もかからず簡単とのこと。
ちなみにイオンのベビー用品コーナーで一瓶98円でした。

さっそくその日の夜試してみます。
瓶の蓋を開けると、あま~いイイ匂いが・・・
味見すると・・うん、すごく美味しい!!

これならモモも文句ないだろう、と思いきや・・・

う~ん、、薬以上に嫌がります。。

液体でなくペーストなので、喉に詰まる感じがするのでしょうね。
口からこぼれた分がヒゲや体毛に付着してベタベタするし。
こっちも服がペーストだらけになり、部屋中に甘い香りが・・・

これは思っていた以上に大変です。
でも1日目はなんとか注射器2本分無理やり押し込みました。

そんなこんなで2,3日が経ちました。
早くも離乳食が精神的負担となりはじめていたこの頃、
ついにモモの食欲が戻り始めました!
点滴から5日経つ頃には、ほぼ100%の食欲に。
そして翌週からは120%。
これまでの減量分を取り戻すかのように、しじゅうポリポリとエサを食べています。

点滴から2週間経った一昨日、M先生の病院へ。
食欲が大幅に回復したことをお話しすると、とても喜んでくださいました。
そして気になる体重は・・・?

1.8kg→2.0kg 1割増です!!

「1回の点滴でここまで回復したのなら大きな内臓疾患は可能性が低いですが、
もし今後1ヶ月以内に再び食欲が落ちるようであれば、次は血液検査をさせてください。」

とのことでした。(ウサギは腎臓が悪い子が多いらしい。。)

血液検査は足から血を抜くのですごく難しいらしいです。
ウサギのキック力って半端ないので、針を刺すのが大変なんですよ~

ともあれ、ひとまず安心!ですね。
このままいい調子が続いて欲しいものです。

↓帰宅後、まったり中のモモ(ピントが合ってない・・)
momo20110227

さすが体重1割増の貫禄って感じです。。。

ちなみに、体重はこのままキープするようにと言われました。
どうやら、食欲不振になる前は、ややお太りになっていたらしい・・・
CATEGORY : ペット

2011.02.15 *Tue

モモに点滴・レントゲン

↓今日のモモ
momo20110215

食欲増進の薬を与え続けて約1ヶ月。

先週末から、ついにモモの食欲が通常モードに戻りました!!!

しかし、ブログには載せていませんでしたが、ここに至るまで聞くも涙・語るも涙の大変な苦労があったのです・・・。

前回の記事から、投薬すること約2週間。
一時、若干の回復を見せたものの、逆戻りし、ほとんど食べない日が1週間近く続きました。

動物病院M先生に相談すると、
「胃食滞(胃の中に食べ物や異物などが滞留すること)だとは思いますが、内臓疾患等の別の原因も考えられるので、費用が高いですがレントゲンで胃を確認してみますか?」
と言われました。
(ちなみに、この時の説明がたいへん婉曲的で分かりづらかったのですが、その背景には獣医さんの深い考えが隠されているのです・・・。本件については、別の機会に詳細な記事を書きます。)

すなわち、
①胃が膨れている(胃食滞)場合
 →(口から投薬しても腸に届かず吸収されない)
 →点滴・注射による投薬が必要
 →それでもダメなら外科的に滞留物を取り除く必要があるが、かなり高リスク
②胃が膨れていない場合
 →(肝臓等の内臓疾患の恐れあり)
 →口からの投薬をもうしばらく続けて食欲をみる
 →食欲が戻らなければ、血液検査で原因を探る
という感じで、実際の胃の状態によって今後の治療法が変わってくるのです。

私自身は不安もあり判断がおぼつかなかったのですが、
旦那が「レントゲンお願いします。」と即答。
(いや、これは助かりました。。。)
そんなに手こずった風もなく、5分ほどで終わりました。

で、レントゲンの結果。
胃食滞ナシ!!!
レントゲン的には、どこも悪い点が見られない、とのこと。
(ていうか、モモの骨格と内臓、よその子より格段にキレイ!!
 M先生が参考に胃食滞の子のレントゲンを見せてくれたんですけど。)
複雑な内臓疾患ならイヤだなという思いはありますが、少なくとも胃が関係ないことは分かったので、レントゲンを撮っておいて本当に良かったです。

体重が、ピーク時からすると
2.2
2.4kg→2.0kg→1.8kg
という具合に激減していたので、
今日は応急的に栄養剤と薬を点滴しておきましょう、ということに。

点滴は、背中に針を刺します。皮下です。
意外なんですけど、ウサギは、ペットの中で最も点滴しやすい(暴れない)らしいです。
ふだんの投薬のドタバタを考えると信じられませんでしたが、あら不思議!
もちろん飼い主である私が体をおさえたうえでですが、針を刺してもピクリとも動きません。
液体が流れ込むと、時おりビクンと体が震えますが、基本的に超おとなしいです。
待つこと10分弱。
背中を軽く触ると、液体が溜まっているのが分かります。
これが、1日半くらいで体中から吸収されていくそうです。

ちなみに、人間に同じことをやるととても痛いらしいです。
ふつう血管に刺しますよね。
でも、戦時中は余裕がないので適当なところに刺していたとか・・・M先生から聞いたプチネタです。

で、今後は・・・
①1日2回の投薬を継続
②プラス、リンゴのすりおろしを無理やり与える。食べる限り、できるだけたくさん。
これで食欲が戻るか様子見、とのこと。

いつもの注射器の倍ぐらいのやつが、すりおろしリンゴ用にででん!と出てきました。
どうなるモモ?!
長くなっちゃったので、続きは次回~
CATEGORY : ペット

2011.01.24 *Mon

モモに薬

↓モモに飲み薬を与える際の姿勢(あおむけ)
momo20110123


年末に東京-大阪間を往復したモモ。
帰宅後、1週間ほど経ったある日、モモの顔をよく見てみると、なんだか変。
左の目頭の辺りの毛が、涙で濡れたようになっているのです。

週末まで様子を見たところ、日に日に状態が悪化し、右目にも似た症状が。。
これは大変、と、かかりつけの動物病院でM先生に診察していただきました。
その結果、目薬(洗眼+抗生物質)を処方されることに。

まあ、事前にウサギの飼育本を見て、目薬の処方は予想していましたが、
いざ自分で点すとなると・・・大惨事になるのは目に見えています。
(参考:前回の飲み薬の際の記事
しかも、1日に4回が理想とのこと。
ひ~。

また、追いかけっこ&おしっこうんこ大合唱(モモは怖いとお漏らししてしまう)
の日々がやってくるのだろう、と覚悟をしました。

ところが、です。
意外と、スムーズに抱っこできます。
そして、「点眼なんて絶対無理!」と思っていたけれど、こちらも何度かトライすれば、成功します。
何より素晴らしいことに、モモがおしっこを漏らさないのです!!
目薬の効き目も抜群。3,4日すると、ほとんど元通りになりました。

しかし・・・
代わりに、食欲ががくんと落ちてしまいました。
チモシー以外、ほとんど口をつけていません。
少し前から大量の換毛が続いていたので、もしや毛球症?
はたまた薬のストレス?(目薬と同時に、リンゴに粉薬をまぶして与えていました)
とりあえずまた病院で相談です。

結果、
「眼はかなり回復しているので、目薬は止めて、胃腸活動促進の飲み薬
(昨年処方されたアレ)を与えてください。」
・・・ハイ、予想していました。

そして、注射器を余分に5本くらいつけてもらって、朝晩、薬を与えています。
1週間経過して、食欲は以前の3~4割程度。
でもやっぱり、昨年ほど投薬に手間取りません。
きっと、モモは恐怖心が減って、私は抱き方が上達したのだと思います。
もう少し思い切って言うと、信頼関係が育っているのかなあ。

写真は、モモに注射器で飲み薬を与える時の、抱っこの様子です。
注射器を近づけると暴れます。
やっぱり、嫌なものは嫌なようです。

CATEGORY : ペット

プロフィール

ぱんぽん

Author:ぱんぽん
2008年から約3年間の病気休職を経て、2011年6月に職場復帰しました。感涙。
「ぱんぽん」は、飼っているコザクラインコの名前です。








FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



検索フォーム





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © ぱんぽん の へや All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。