--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.18 *Sun

受け容れてくれる人たち

前回の続きです。

6月、復職を目前にして、私はすごく緊張していました。
(そのときの記事はコチラ

人事担当が考慮してくれた配属先だから、あまり変な人はいないだろうけど
(パワハラな人とか、ヒステリー系とか。)、
なにせ仕事をするのは3年ぶりだし、メンタル休職明けっていうことで腫れ物に触るような接し方をされる可能性はあるし、そもそも休職中は家族以外の人とほとんど交流していないから他人とコミュニケーションを取れるのかどうか自体が心配だし・・・

っていう感じで、もう、本当にドキドキしていました。

そして、着任の前の週。

人事担当の指示で、配属先の課の課長補佐に担当業務について説明を聞きに行きました。


(今回は、とっても長いので、続きを読んでくださる方は
↓をクリックしてください)
うちの職場では、こういう、課のとりまとめポストに就いている人は、
2~30%の確率で「鼻につく」感じの人だったりします(統計上の裏づけはありませんが、なんとなくの印象。)。
妙にプライドが高かったり、上から目線だったり、弱い人の立場が理解できなかったり。

ところが・・・

この課長補佐さんは、すごく感じがいい人でした。
とても話しやすい雰囲気で、相手を値踏みする感じもなくて、
そして何より印象的だったのが・・・
俳優の濱田岳に似ている!!(笑)
(→濱田岳については「ゴールデンスランバー」をご覧ください。)

というわけで、この課で初めて話をした人が、とても雰囲気の良い人だったので、
心の中のハードルが、ぐっと下がりました。

そして、私と入れ替わりで異動する人(つまり私の前任にあたる方)から具体的な仕事の引継ぎがありました。
この方もとても雰囲気が良く、しっかり仕事をしているという印象を受けました。
どんな仕事をするのか、イメージが明確になって、配属先の雰囲気も分かって、
復帰にあたっての不安が、8割がた無くなりました。


そして翌週、実際に仕事を始めてみると・・・

私が着任したポストは、上司1人、私と同じ係長の人が1人と、
合計3人のチーム(班)で仕事をします。
(本当はもう一人係長がいるのですが、休職中のため実質3人で仕事をします。)

上司は、私が着任した数日後に着任しました。
おそらく班長をやるのは初めてなのですが、柔らかい雰囲気の落ち着いた方で、
急な発注があってもキリキリしないし、細かいことに拘らない、上司としては理想的な方です。
そして何より有り難かったのは、休職明けの私を、ごくごく普通に扱ってくださったことです。

ぶっちゃけ、メンタルの部下を持つ、というのは、けっこう面倒なことだと思うのです。
もちろん、今の私は自分の経験があるのでそんなことは思いませんが、
やっぱりメンタルの人の気持ちや体調の悪さというのは、なってみないと分からないので、
どう扱っていいか分からない、という人が大半だと思います。

もし、「メンタルだから仕事を任せるのは不安」と思われて、
何も、もしくはほとんど仕事を頼まれなかったら、とても居心地が悪く、業務時間が苦痛だったに違いありません。
逆に、こちらの体力・体調を全く考慮されない場合も、キツイと思います。
(さすがに人事担当から指示が行っているので、こういうことはないでしょうが・・・。)

ところが、この班長さんは、ものすごい包容力で、これらの不安を完全に吹き飛ばしてくれました。

そして、同僚の係長さん。
この人は、着任して三年目のベテランで、ほとんどの仕事はこの方から教わりました。

彼も、またすごくて、
仕事に対してものすごく前向き、かつ真摯で、しかもちゃんと結果を出す人なのです。

なにせ私は3年ぶりに仕事をするわけですから、
これまでの経験は蓄積されているものの、瞬間的には社会人一年目と同じようなものです。
言ってみれば、卵から孵ったヒナのような状態。
やはり、身近で仕事を教えてくれる人の仕事ぶりには、ものすごく影響を受けてしまいます。

そういう意味で、彼は最高の親鳥(笑)だったと言えるでしょう。
また、職責は私と同じで、案件ごとに仕事を分担する、という関係なので、
ちょっとした疑問や不安があれば、すぐに相談できます。
それに、言外からもいろいろ情報を汲み取ってくれる方なので、意思疎通がすごくスムーズ。
なるほど、チームプレーってこういうことか!と、改めて思いました。

それから、私はペース配分のために、
ひと月くらい前までは1週間~2週間に1度ぐらいの頻度で休んでしまうことがあったのですが、
そのときに、おそらくこの係長さんに仕事のしわ寄せが行ってしまっていたにもかかわらず、
いつも普通に接してくれました。


こんな感じで、周りの人たちに助けてもらいながら、なんとか半年が経ちました。
他にも、課内、となりの課、同期などなど、お世話になった方々はたくさんいます。

完全復活まではもう少し時間がかかりますが、
気を抜かず、でも力を入れすぎず、アクセルとブレーキの調節に気をつけながら、
引き続き頑張っていこうと思います。

関わってくださっている、すべての皆々様に感謝!
スポンサーサイト
CATEGORY : 日記

COMMENT

よかったね~!
班長さんも、親鳥係長さんも、すばらしい人でよかったね(*^^*)
人の上に立つ人がこんな人たちばかりだったら、職場の人間関係とかで悩む人はへるんだろうなぁ。
自分も、弱い立場の人の気持ちがわかる人間でありたいと思います。これはなかなか 、難しいことだろうけど。
2012/01/08(日) 17:52:42 | URL | とろすけ #- [Edit
そうなんだよね・・・
本当に、毎日健康に暮らせるかどうかって、人間関係が一番重要なんよね。。

復帰したポストが人に恵まれたところで本当に良かったわ~。
もちろん自分の方も色々頑張ったけど・・
2012/01/08(日) 22:04:04 | URL | ぱんぽん #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

ぱんぽん

Author:ぱんぽん
2008年から約3年間の病気休職を経て、2011年6月に職場復帰しました。感涙。
「ぱんぽん」は、飼っているコザクラインコの名前です。








FC2カウンター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



検索フォーム





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © ぱんぽん の へや All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。